1775

Renato Savi

『人生で一番幸せな日に花嫁を最高に美しく表現したい』という思いから、妥協を許さない素材選び、フェミニンなイメージを喚起するディテールへのこだわりがあるRS couture。シルクオーガンジーやシルクサテンを贅沢に使ったドレスは美しいレースが施され、繊細なビーズ刺繍、コサージュ使いが特徴。花嫁の憧れが詰まった究極のロマンチックドレスブランドとしてトップの人気を誇る。